ももいろクローバーZ
ももいろクローバーZ『Ustream大賞受賞記念 ももクロ24time TV in アータン ~water. winter. someday なんたー?~』
ももいろクローバーZ
[レポート]ももクロが24時間Ustを無事完走 3連覇のUstream大賞は殿堂入りへ
2015年9月29日

9月25~26日の2日間にかけて、ももいろクローバーZの24時間Ustream番組「ももクロ24time TV in アータン ~water. winter. someday なんたー?~」が配信された。

これはももクロの公式Ustream「momocloTV」が今年2月に開催された「Ustream大賞2014」で3年連続となる投票1位の大賞を受賞したことを受けて実施されたもの。3度目の開催となる今年もゆるーく、しかし様々な仕掛けが用意され、見逃せない“25時間”の番組となった。

25日16:00に番組がスタートすると、ももクロのメンバーたちはこれから24時間の配信が待ち受けることなどどこ吹く風といった様子で和室でリラックスした様子。時にはユーザーを巻き込みながら、そして最初のゲストとして宿泊施設の支配人や山田うどんの担当者などが部屋を訪問して雑談を繰り広げた。

この時間は24時間配信のタイムテーブルと25日夜から配信するこの番組のサブチャンネル「縁結びよくばり満腹ツアー」のスケジュールを発表した。「縁結びよくばり満腹ツアー」はももクロスタッフのスタイリスト寄森久美子さんが、六本木をスタートし、ゴールの西武園ゆうえんちまでの道のりの中で、ももクロスタッフの良縁を祈願して縁結びに縁のあるスポットを全13カ所、とにかく歩いて巡る旅である。

スケジュール発表に続いて17:00からは「そうだジンギスカンに行こう」が始まるかと思いきや、さっそく予定を脱線。時間になってもトークが終わる気配を見せない。30分経過してようやく遊園地内のジンギスカン会場への移動が始まった。道中のアーケードでUFOキャッチャーに興味を示す5人。川上アキラプロデューサーの「ここはZOOが「Choo Choo TRAIN」がミュージックビデオを撮影した場所」との発言にメンバーがそろってダンスの振り付けのマネを披露する場面も。

ジンギスカン会場に到着してもメンバーのテンションの高さは変わらない。最初の生ラム肉をペロッと平らげて、味付けラム肉や豚肉に舌鼓をうち、「山田うどん」のテイクアウトメニューまで食べてしまった。今回の驚きのひとつが飲酒、ビールを飲む場面。未成年の佐々木彩夏と高城れにを除く3人がビールを飲み干す場面にちょっとドキドキを隠せなかった視聴者はきっと多かったはず。玉井詩織に至っては「ビールのCMお願いしま~す!」とリクエストするなんとも「らしい」場面も。とはいえ、3人にとってまだビールは「おいしい!」よりも「まだちょっと苦みを感じる」飲み物だったようだ。

満腹になった高城は「もうこのまま寝た~い」と、のっけから24時間生放送に不安な発言をする横で、百田夏菜子と玉井は「24時間♪ジンギスカン♪」と24時間Ustのオリジナルラップを披露して盛り上げた。またここで玉井が「(カメラマンが選ぶ)結婚しそうなメンバー」最下位に選出され、みんなで「玉井さんが一生ひとりで居られますように!」と祈りを捧げる場面も。これはライブも含めてこの配信期間中に何度も唱えられ、今年のハイライトのひとつとなった。

19:00過ぎになって、翌日午後に行うライブの会場とチケット先着受付の電話番号が公開された。場所は埼玉・所沢市の西武園ゆうえんちで翌日のライブの申し込みだったにもかかわらず2時間足らずで早々にチケットは完売に。5人の底力をまざまざと見せつける結果となった。

自室に戻り、人狼ゲームや過去の「おもしろVTRを楽しんだ5人は21:30より24時間Ust恒例の「ぽんこつサミット2015」に臨んだ。ここでは有安杏果とメイクの飛田さんの対決に代表されるスタッフのぽんこつエピソードに他の4人もツッコミを入れながらも爆笑していた。

23:30の「おやすみトーク」前には深夜出演が解禁になったあーりんとグループのマネージャー古屋智美さんが席を外している隙に古屋さんの彼氏へのサプライズ電話を掛ける場面も。ハッキリ彼氏との仲を語らないふるちゃんの代わりに、百田らが彼氏の真意をズバリ斬り込んだ。「おやすみトーク」では、室内でプラネタリウムを楽しめるというセガトイズの「HOMESTAR」シリーズを紹介した。同商品は、暗い寝室などで寝そべって見ると、快眠効果があるそう。「友達が持ってる!」と反応する百田を始め、プラネタリウムモードの実演ではメンバーが口々に喝采を上げていた。

日付も変わった頃に、「第3回 スターダストアイドルサミット」と題してスターダストプロモーション専務取締役の藤下さん、プロデューサー川上アキラさん、荒神さん、東野さん、古屋さん、長谷川さん、藤井さんらによるマネージャートークが展開された。藤下さんの乾杯で始まった宴会は、お酒が進むにつれて、トークは熱くなるばかり。ももクロメンバーは有安、高城、玉井が残り、百田と佐々木は交代でお風呂へ。

宴もたけなわ、「おもしろVTR」で爆笑となったオーディション時の恥ずかしいお宝映像「座右の銘は一発逆転!」を蒸し返された高城が、川上プロデューサーに突っかかっていく場面も。しかし高城を発掘したことについて聞かれた藤下さんは「自分の目に疑いはなかったということ。今年最高にキレイに見える」とべた褒めで、川上Pも「すげえ、可愛くなっている」と同調すると、他のマネージャーたちもこの意見に賛同する良い意味での褒め殺しモードに。これにはあらゆる修羅場を潜り抜けてきた高城も降参したようで「もう、お風呂に入りた~い」と照れるばかりだった。

2:30頃になるといよいよメンバーも就寝し、スタッフによる「パジャマトーク」。振り付け師のゆみ先生、キングレコードの斉藤さん、スターダストプロモーションの大森さん、手代木さん、グッズを担当する矢島さん、ヘアメイクの中条さん、ファンクラブ担当の牧野さん。ここでは女子トークとは言いながらも、長年の経験とチーム・ももクロとしてかなりトーク慣れしているだけに、結婚に関するアンケートの記入と共にいきなりノーガードでの殴り合いならぬ激しいイジり合いとなった。中盤は結婚相談所・サンマリエの担当者と婚活トークになり、実際に斉藤さんがオンラインでのお見合いを体験する場面もあった。

4:00からは「4人でHOTシネマ」と題して2010年のももいろクローバー(当時)映画初主演作品「シロメ」を上映した。メンバーたちの恐怖におびえる声が宿舎内に響き渡る深夜らしい時間となった。

そして24時間Ustはあっという間に2日目の朝を迎える。26日6:00を回るとチームしゃちほこが3年連続となる登場を果たし、恒例の早朝バズーカでももクロを叩き起こして別室に強制連行。寝ぼけ眼のままで「抱きしめてアンセム」を強制鑑賞。しかも一緒に踊ることを強要された。勢いに乗ってコールドスプレーを取り出したしゃちのメンバーはももクロやスタッフの背中に噴射するなどもうやりたい放題…ではなく強制目覚ましの役割を忠実に果たしていく。しかし安藤ゆずが百田夏菜子にスプレー缶を奪われ、反撃を食らう場面もあった。

そのまま旅館の駐車場に連行された一行を待っていたのは、ダイエット本が売れに売れているというヒューマンアーティストのゲッタマンを招いてのゲッタマン体操の時間だ。早朝から超アッパーなテンションで迫りくるゲッタマンのエクササイズに徐々に目覚めていく5人はテンション高いゲッタマン式のストレッチををおこなっていくうちに眠気も吹っ飛んでいった。その後、館内に戻ったももクロから今度はしゃちにサプライズ。この日、18歳の誕生日を迎えた安藤にバースデーソングとケーキのプレゼント。感極まって泣いてしまった安藤だが最後には百田がバースデーケーキに指を突っ込んでつまみ食いするイタズラも。

7:00からは「女腕相撲西武園場所」。昨年の女相撲に続いての開催となる。チームしゃちほことのエキシビジョンマッチを経ての本番では伝統ある「サクミ部屋」の看板を守るため(?)スタッフたちが躍動。大本命のスタッフ遠藤さんが下馬評通りの圧勝を収めた。

8:00からは早朝より怒涛の時間を過ごしてきたメンバー待望の朝食タイム。豪華メニューに5人は寡黙になって食べ続け、幸せなひと時を楽しんでいた。食後には、野菜やフルーツとセットでAmazonからスロージューサー「インフィニープレス レボリューション」の差し入れが入り、オリジナル野菜ジュースを作って飲むことに。ここでは百田がセロリ、そして高城がパクチーをそれぞれ苦手とすることが判明した。朝食はまだまだ続き、デザートには、コージーコーナーから大量のスイーツが差し入れされた。ここではあーりんが担当のナカムラさんらにシュークリーム愛を語ったほか、メンバーが「コージーコーナーに買いに行く」コントも。またあーりんのシュークリーム愛を試す「利きシュークリーム企画」やメンバーそれぞれが考えるオリジナルケーキのスケッチ大会を開催した。本気度の高い独創性あふれるケーキ作品の連発で、見る側も思わずメニュー化を期待してしまう(!?)ほど。

朝食が終わるとそのままAmazonの担当者と「最新技術で遊ぼう」と題してメンバーにマルチコプター(ドローン)を紹介する時間に。マルチコプターの操縦士が実際に機械を動かし、それを百田がiPadが搭載されたカメラで撮影するなどして楽しんだ。高城は実演終了後の移動時間でひとりだけ抜け駆けしてAmazonの公式キャラクター・ダンボーくんと2ショット撮影をするシーンも見受けられた。

10:30に部屋に戻ると再び「おもしろVTR」コーナー。ここまで何度も流されたことで「玉井さんが一生ひとりで居られますように!」の掛け声とともに、今年の24時間を象徴するVTRとなった過去ライブでのあーりんズッコケ動画と高城のオーディション映像がスタッフのリクエストでここでも流された。このふたつの動画は「何度観ても笑える」とスタッフの間で大好評だった。

続いて12:00からは「お前ら自分でなにか作ったことあるのかよ?!」。ここでは漫画「ももプロZ」の作者・小城徹也先生による生イラスト制作とのっぽさんによるジェスチャーのみでの工作指導。百田が話しかけるといきなり言葉を発したのっぽさんに驚きを隠せなかった視聴者も多かったのでは?

13:00からは部屋と西武ドームとの二元中継に。TVチャンネル配信サービス「BBTV NEXT」が、当日の西武ライオンズの試合も放送するということで、今年ドーム公演をおこなうももクロを代表して百田が挨拶。急な参加に緊張を隠し切れなかった百田だが西武ファンと楽天ファンのどちらからも声援を浴びる素晴らしいスピーチを決めてみせた。また埼玉西武ライオンズのマスコットであるレオ君の妹・ライナちゃんとのベースランニング対決でも見事勝利を収めていた。

ここからはライブの準備へ。百田は球場から急いで部屋に戻り、残った4人もステージに向けて動き出す。恒例の1時間ライブには、およそ3,000人のモノノフが集結。3B juniorによるオープニングライブ終了後、開始時間は30分近く押し、前説としてひと足早く西武園ゆうえんち・波のプールの特設ステージに立った百田夏菜子は、「この20分はなかったことにします!」と開き直って、しばらくの後にライブが「overture」からスタートした。

「『Z』の誓い」、続く「Chai Maxx ZERO」で弾けると、お決まりの自己紹介&MCタイムに突入。先日の歌番組で加山雄三公認を賜ったことにより、「今後は“若大将”を名乗る」ことを誓った玉井詩織だったが、今回は旧式で済ませた。MCではその玉井が、寝相の悪さと寝顔を指摘されて赤面。百田によれば部屋の障子を破ったという説も……。「いつか君が」「走れ!」では、前夜から西武園を目指して歩いていたスタイリスト・寄森さんにエールを送った。そのラストのサビ前では、ぎりぎりでゴールに間に合った寄森さんがステージセンターへ。自身が手がけた衣装を着て歌っていたももクロを見て号泣していた。

ここでこの日最大のサプライズが。この縁結び行脚は当初、「玉井さんが一生独身でいること」を願ったものだったが、メンバーに促された寄森さんは、カメラに向かって交際相手に感謝の気持ちを伝えると、舞台袖から赤いバラを抱えた彼氏・しんちゃんが登場し、プロポーズして指輪を贈った。ももクロから促された寄森さんは、純白のウェディングドレスに着替えて本物の牧師が結婚の儀式をおこなった。

ライブ佳境は、「よっしーがいちばん大好きな曲」(百田)として、「MOON PRIDE」にはじまり、「Link Link」「仮想ディストピア」「鋼の意志」「オレンジノート」につないだ。「今年は25時間テレビになってしまった」(百田)3回目の“24時間Ustream”。最後は、関係者もステージに上がって、『サライ』を熱唱。谷村新司のものまね芸人・谷村仁司と、加山雄三のものまね芸人・ゆうぞうもサプライズで加わり、本家の日本テレビ系“24時間テレビ”に負けない盛り上がりを見せた。リーダー・百田が「今年は25時間になりましたが、最後まで観ていただき本当にありがとうございました」と締め、ライブとUstream配信が終了したちょうどその時、時計は17:00を指していた。

Ustreamではこの「ももクロ24time TV in アータン ~water. winter. someday なんたー?~」のアーカイブ視聴を早くもスタートした。笑いと涙がたくさん詰まった24時間。この機会にお見逃しなく。

【ももクロ24time TV in アータン ~water. winter. someday なんたー?~ セットリスト】
2015年9月29日
埼玉県 西武園ゆうえんち・波のプール特設ステージ

01. OVERTURE
02. 『Z』の誓い
03. Chai Maxx ZERO
04. いつか君が
05. 走れ!
06. MOON PRIDE
07. Link Link
08. 仮想ディストピア
09. 鋼の意志
10. オレンジノート
(※エンディング. サライ)

twitter
facebook
official account