Flag this content

Please select your reason for flagging this video as inappropriate from the dropdown below. We promise to review each and every submission within 24-48 hours.

If you are a copyright owner, or are authorized to act on behalf of one or authorized to act under any exclusive right under copyright, please do not flag this content but instead report alleged copyright violations on our DMCA notice form.

- Select the reason to flag this video for -
Cancel or
FashionTV_Japan

FashionTV_Japan

Entertainment - Other Entertainment

89 followers 24,372 views
ファッションTVは、世界中の最新ファッション・トレンドを通じて、ハイクオリティーなライフスタイル情報を24時間365日世界202ヵ国地域で放送している世界最大のファッションエンターテインメント・チャンネルです。
このオフィシャルのUSTREAMチャンネルでは、様々なファッションイベントをライブ配信していきます!

▼ファッションTVジャパン
http://www.fashiontv.co.jp

▼FACEBOOK
https://www.facebook.com/fashiontvjapan

▼TWITTER
https://twitter.com/fashiontvjapan

▼INSTAGRAM
https://instagram.com/fashiontvjapan/

■今後の配信予定■
2015年3月16(月)10時30分~
「SRETSIS LABYRINTH  AUTUMN/WINTER 2015」
メルセデスベンツファッションウィーク東京2015-2016秋冬コレクション期間中に開催される、
タイ発の大人気ブランドSRETSIS(スレトシス)最新コレクションのランウェイショーをライブ配信!

●SRETSIS(スレトシス)   
デザイナー:ピム・スクハフタ
ピム・スクハフタのキャリアは、彼女がニューヨークのパーソンズスクールに在学中に、彼女のショップが企画されたところからスタートしました。繊細な素材に独特なプリントを施して、ひねりを効かせたフェミニズムをデザインする彼女の作品は、瞬く間に注目を集め、ケイティ・ペリーやビヨンセ・ノウルズ等のハリウッドスターからも愛用されています。

【ブランドプロフィール】
ニューヨークのアパートで産声をあげたSretsisは、長い道のりを経てブランドへと成長しました。古くは妹のパーティドレスを縫って作った経験から、ピム・スクハフタのスレトシスは世界のショップにて取り扱われる迄に進化しました。姉妹を意味するSistersを逆さまから読んで名付けられたSretsisは、仲の良い3姉妹のファッションに対する情熱から、人々の心に深く印象付けるコレクションを発表し続けています。

2002年に正式に設立されたスレトシスは、パーソンズスクールを卒業したピム・スクハフタにより、幼少時代に姉妹をスタイリングする遊びから、国際的なブランドへと成長したブランドです。大学で雑誌編集に関する学位を取得した長女のクライがマーケティング及びビジネスを管理し、末っ子のマティナはブランドのジュエリーラインをデザイン、生産しています。

スレトシスのデザインには、スイートでありながら、どこか遊び心と茶目っ気が潜んでいます。フェミニンなシルエットにも、プリントにはダークなユーモアが込められていたりと、着る人の年代を問わないアイテムが多い事も魅力の一つです。スレトシスのコレクションでは、3姉妹のインスピレーションから生まれるファンタジーが毎回テーマとして採用され、独自のデザインやプリントに反映されています。シルエットは、クラッシックな要素をモダンに具現化することによって生まれ、新素材や最新技術も積極的に取入れられています。刺繍やアップリケ等には、悪戯心溢れるモチーフ等が使われ、エレガンスと楽しさを上手にミックスしています。

スレトシスはどこまで成長しても、姉妹愛とお互いの才能を敬う心は変わる事は無く、そしてそれが常にブランドの原点であると認識しています。そしてコレクションを着る人にも、自分の中に存在するスレトシスガールを再認識してもらいたいと思いながら、日々デザインに勤しんでいます。

http://www.sretsis.com

Comments